まったりおえかきブログ♪

オンラインのゲームの話やラクガキなどメインに。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国道299号線に行ってみた。

「酷道」とは?

酷道(こくどう)とは、日本の道路の俗語で、一般国道のうち乗用車による通行が困難であるなど文字通り「酷(ひど)い状態の国道」を、「国道」の読み(こくどう)に引っ掛けて揶揄するものである。

酷道は、下記のような特徴を持つ国道のことを指す。
・狭隘道路で大型自動車の通行(一方通行の場合)または大型自動車同士のすれ違い(対面通行の場合)が困難もしくは不可能な区間がある。更に狭い場合は軽自動車でさえ同様の状態になる。
・ガードレールのない断崖など、通行が非常に危険な区間がある。
・オフロードやけもの道の区間がある。
・全線が開通していない、あるいは歴史的経緯により遊歩道または階段として整備されているなど車(自動車、原動機付自転車、軽車両)が一切通行できない区間がある。
・時間雨量が20ミリ程度以上に達すると全面通行止めとなってしまう区間がある。
・土砂崩れや道路決壊などがあるにもかかわらず復旧されていない。
・積雪地域の道路では、除雪作業が行われず冬期閉鎖される区間がある。

Wikiより。
また、同じように県道は険道という。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B7%E9%81%93



続きを読む
スポンサーサイト
写真日記 | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。